相互リンクの正しい依頼方法 - アフィリエイト・ネットビジネス教材情報

アフィリエイト・ネットビジネス教材情報 ホーム » スポンサー広告 » 旧記事 » 相互リンクの正しい依頼方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相互リンクの正しい依頼方法

前ページで相互リンクの必要性を解説しましたが、
具体的に相互リンクを依頼する方法とマナー
どのようにすれば良いのか考えてみます。



いつも応援ありがとうございます
 ⇒ 人気Blogランキング




まず、相互リンクの相手は恐らく見知ら他人でしょう。
どう言う経緯か分かりませんが、相互リンクをお願いしたい訳です。



友達なら話は早いのですが、それ以外だと
どう切り出すか、言い出しにくいものですよね。



相互リンクのマナーを知らなければ
リンクしてもらえない事もあります。



そこで、この手順を踏んでみて下さい。
相互リンク6つの秘訣



1、まず、最低でも2回は訪問する。
その際ににコメントを残す。
この時は相互リンクのことは言わないで
相手サイトに関するコメントだけ残すようにしてください。



2、面識ができたところで、相互リングのお願いをしてみる。
恐らく相手は快く受けてくれると予想します。



3、相手が相互リンクの募集中であれば
訪問は1回でもOKでしょう。
その時コメントを残してください。
そして後日、メールにて「先日、コメントしました○○です。」
とお願いしてみてね。



4、相互リンク依頼のメールを送る前に
すでに自分のサイトへは相手のリンクを
記載しておきましょう。これがマナーです。



5、相互リンク依頼のメールを送る時の例文

↓ここから↓
--------------------------------------------------------
○○さん
こんにちは 愛つよしです。
いつもお世話になります。

今日は、相互リンクのお願いでメールさせていただきました。
何回かご訪問させていただき、
是非、相互リンクしたいと思いメールいたしました。

○○さんのブログは、こちらにリンクさせていただきましたので
ご確認お願いします。
URL⇒ http://○○ ←リンクをしたURL


私のブログは、
「ブログタイトル」
URL⇒ http://○○ ←ブログURL
になります。

よろしければで結構ですのでご検討して下さい。
よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------
↑ここまで↑


この例文は「ひな形」としてコピーして
使ってもらってOKです。



6、相互リンクが成立しましたら、
必ずお礼のメールを入れて下さい。
これも大切なマナーですね。



以上が相互リンクの正しい依頼方法だと
思われます。



マナーが2つ出てきました。
・先に自分がリンク記載。
・成立後のお礼メール。



これは当サイトのルールではありませんよ。
インターネットユーザーの一般的な
マナー(常識)ですから、誤解の無いよう
お願いします。



いきなり
「相互リンクをお願いします。」
って言われても
見知らぬ他人とどうしてリンクするの?
なかなかしてもらえませんよね。



一度コミュニケーションをとってから
先にリンクした後に
お願いすると相互リンクの成立する
確率がずい分違うと思います。



また、無料ツール「無料 相互リンクツールtoo-search
を使用されると相互リンク募集や、
お友達のページ紹介、自分のお気に入りサイトを
登録できる便利なものもあります。



登録を募集すれば色んなサイトとの
つながりもでき、
アクセスアップにも効果抜群ですよ。



SEOの効果のためあなたもやってみてください。



・関連記事
⇒ 相互リンクの必要性


1つ前に戻る
愛つよしへメール
あ な た の 応 援 に 感 謝 し ま す !   ブログパーツ ソーシャル
ブックマークへ登録
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ blogram投票ボタン BlogPeopleランキング
コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

トラックバック

http://39affiliate.blog129.fc2.com/tb.php/36-526a1b69

ホームRSS相互リンクランキング全記事一覧お問い合わせ

    海外ドラマ
    FX
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。