記事の書き方「配慮について」 - アフィリエイト・ネットビジネス教材情報

アフィリエイト・ネットビジネス教材情報 ホーム » スポンサー広告 » 旧記事 » 記事の書き方「配慮について」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事の書き方「配慮について」

記事の書き方「配慮について」
配慮=気配り
政治家や芸能人、有名人の話題で頭を下げるシーンをよく目にする。
要するに失言である。人気商売の場合は特に気を付けなければいけない課題だ。



いつも応援ありがとうございます
 ⇒ 人気Blogランキング




ネットビジネスに置き換えてみると、
しゃべらない代わりに記事を書く。



これは失言に対し、失筆だと思うのです。



しかし、辞書には「失筆」と言う言葉が
出てきません?



このような言葉は日本語に無いのでしょうか?
いえ、多分何か有ると思うのですが、
今はスルーしときましょう。



「失言」と「失筆」
どちらが過ちを犯しやすいか?と考えた時、



やはりリアルタイムに対応すべき
言葉に軍配が上がるのしょう。



言葉の方が過ちを犯しやすいと言う事です。
書物に記すのはじっくり考えることができるが
言葉で発するのは瞬時である。



言葉とは、今考えて発するよりも、常日頃から思っている事が
出てしまう事の方が多いと言うことです。



考える暇を与えない、言葉のやり取りが上手な人は
頭がキレると評価されるのです。



ところで、なんでそんな事を言い出したか?
それなんですよ。



今日の自分の記事を思い出して
手が勝手にキーボードを叩きだしたんです。



今日の記事?



「愛つよしのメールサポートについて」



記事の中で、



「顔も見せず、話もせず、買ってもらっても
知らん振り。後は直接販売者とやってよ!」



このフレーズに
気配りが足りない気がして後悔しているのです。



「顔も見せず」
人それぞれ事情が有ってそうしている。と思う。



サラリーマンの方、公務員の方
他にも僕の目線では知り得ない方
いっぱい居るはずです。
そう言う自分でさえ似顔絵を使ってる。



なのに、そんな表現をしてしまった。
未熟な自分に後悔している。



まだ訪問者の人数、メルマガの人数が
少ない内は許されるかも知れないが、



100人1000人と増えるに従って
ダメージは計り知れないものになる
だろうと考えれば恐ろしくなる。



いや、恐れる事も無いか
それは自業自得で終わるだけ。



記事を書くのは簡単なようで難しいな
構成、シナリオ、表現、伝達、
相手の身になって書いていても
それ以外の第三者のことを忘れてしまう。



夢中になればなるほど
気配り、配慮がおろそかになる。



じっくり時間を掛けて良いことでさえ
失敗してしまう。



前途多難なビジネスになるかも知れないと
改めて覚悟する今日一日です。



密かに直しても良いのでしょうが、
それでは折角の気付きが無駄になってしまう
そんな気がして記録しています。



今日の僕の独り言。



役に立たない記事でした。



関連記事
⇒ このブログについて


1つ前に戻る
愛つよしへメール
あ な た の 応 援 に 感 謝 し ま す !   ブログパーツ ソーシャル
ブックマークへ登録
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ blogram投票ボタン BlogPeopleランキング
コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

トラックバック

http://39affiliate.blog129.fc2.com/tb.php/59-07d7a177

ホームRSS相互リンクランキング全記事一覧お問い合わせ

    海外ドラマ
    FX
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。