売れる記事の書き方(その1) - アフィリエイト・ネットビジネス教材情報

アフィリエイト・ネットビジネス教材情報 ホーム » スポンサー広告 » 旧記事 » 売れる記事の書き方(その1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れる記事の書き方(その1)

■売れる記事の書き方
今回はあなたに稼いで頂くために「売れる記事の書き方」について触れてみたいとお思います。
売れる記事は誰しも書きたいし、みんなが習得したいスキルでもありますね。
なぜなら、収入に直結している部分だからです。



いつも応援ありがとうございます
 ⇒ 人気Blogランキング




でも残念ながら、売れる記事の書き方と言うものは存在しません。



これは表現上、もっとも伝わりやすくするために
要らないところを端折って、キャッチコピーとして
使っているに過ぎないのです。



考えてみて下さい、トヨタや日産、ホンダの車を売る広告(記事)と、
産地直送の果実を売る広告が同じな訳もありませんよね。



・「新車を売るための記事の書き方」
・「産直果実の広告の書き方」
とするするならば「売れる記事の書き方」なるものが
有っても不思議ではありません。



おそらくあなたが知りたいのは
これらに共通したプロが書くような
書き方のテクニック
ではないでしょうか。



それは「売れる記事の書き方」と呼んでも
おかしくありませんね。



プロのコピーライターに言わせれば、
記事を書く構成やテクニック的な事は、
さまざま存在するかも知れませんが、



我々アフィリエイターが書く記事に
売れる記事を書く行為そのものが不要なのです。



また、訳の分からないことを言い出したなっ!こいつ大丈夫か?
って思わないで先に進んでね。



アフィリエイターが販売記事を書かなくて
どうやって報酬を得るんだ!



そう言う声が聞こえてきそうですね。
多くのアフィリエイターが誤解しやすいところなんです。



我々アフィリエイターは「売る」ではなく「伝える」です。



売ろうとする記事を書くから売れないのです。



アフィリエイトにもいろんな商品ジャンルが有りますよね、
情報商材以外に物販、サービス、入会プロモーションと
さまざまです。



どれも共通して言えることなのです。
1つの商品に対して、
「いかにたくさんの情報を正確に伝えられるか」なのです。



「いかに売る記事を書けるか」ではありません。



99%の人間は売り込みされる事が嫌いです。
あなたのメリットのためになんで私がお金を・・?
どうせお金儲けのために有る事、無い事を並べているのでは?



99%の人は疑ってかかります。



記事を書く前から、売れるか売れないか
ほぼ決まっているのです。



それは、ブログなり、メルマガなりの
日頃の記事や、体制や環境からです。



この人は、日頃から売り込みしてんだ。
という環境では、いくら今回の記事を
そうでない風にしても、「売り込み」として疑われます。



ではどうすれば売れるのでしょうか?
「売れる記事」を書こうと思う前に
売れる環境を整える必要があります。



売れる環境?
そうです、伝えるための媒体に変えて行くのです。



ブログやメルマガの記事の内容もそうですが、
媒体全体を広告や販売ではなく
コンテンツとして情報発信する。



文章・画像・動画、使えるものすべてを利用し
訪問者さんに利益を与えるコンテンツにするのです。
売り込みしても良いのは「あなた自身」だけです。



後は商品について、あなたが知っている情報をすべて
正確にお伝えするだけです。



と言う事は、
訪問者や読者さんへ情報提供のメリットを与えていることになります。
あなたがどんな人かを分かってもらえるのです。



そうする事により
お客さんは売り込みはされていないと感じます。
いえ、それすら気が付きません。



その商品を必要としている人は何の抵抗も感じることなく
あなたという人から購入して行く訳です。



そうです、必要な人が買うだけで良いのです。
不要な人にいくら説得しても買いません。
あたたがよほどの著名人で無い限り。



重要なのは
必要な人までも買わないで帰って行く事だけは
最低限、避けなければいけないと言うことなのです。



私は以前、ドロップショップの物販の経験があります。
その頃の私は今日の記事のような知識はありませんでした。



一生懸命売り込んでいたのです。
しかも、買い手側になんのメリットも与えず、自分を隠して、
ひたすらお願いする記事を書いていました。



物販だからそれでも良いってことは決してありませんでした。
結果はご想像されている通りです。(笑)



愛つよしは本来、文章はヘタです、苦手です。



でも文章が上手、下手に関係無く売っている人が
いるのをご存知ですか?
その答えは今日の記事の中に隠されているのです。



今回の記事のまとめ。
・「売る記事」では無くて「伝える記事」。
・記事を書く前に売れるがどうか決まっている。
・媒体全体の環境を「売れる」に変える。
・必要な人が買って行く環境創り。
・売るモノが有るとするならば「自分自身」
・情報商材、物販に共通。
     ---でした。---



この事が理解できましたら、
記事を書くテクニックや成約率を上げる記事のテクニックなど
今後配信してみたいと思っていますので
これからもよろしくお願いします。



あなたのサイトに良い影響を与える事ができたなら
これほど幸せに感じることはありません。



感想を聞かせてもらえば嬉しいです。
メールもらうの大好きです。



・関連記事
⇒ 売れる記事の書き方(その2)
⇒ 売れる記事の書き方(その3)
⇒ 医者より稼げるアフィリエイト
⇒ 強いブログ記事作成のパターン


1つ前に戻る
愛つよしへメール
あ な た の 応 援 に 感 謝 し ま す !   ブログパーツ ソーシャル
ブックマークへ登録
人気ブログランキングへ にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ blogram投票ボタン BlogPeopleランキング
コメント
非公開コメント

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

トラックバック

http://39affiliate.blog129.fc2.com/tb.php/73-20cf9aca

ホームRSS相互リンクランキング全記事一覧お問い合わせ

    海外ドラマ
    FX
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。